不動産投資というものをサラリーマンができるのでしょうか。
私もとても気になりますね。

不動産投資は会社によっては副業になります。
ですから副業を禁止している会社は多いようですね。

不動産投資が副業に該当するのでしょうか。
不動産投資はサラリーマンが実施しても大丈夫ですね。
労働基準法の中に副業を禁止する項目は入っていません。
会社にバレても法律で裁かれることはないようです。

就業規則が次の問題ですね。
就業規則は会社によってが違いがあります。
不動産投資が副業とみなされることもあります。

その時は解雇される可能性があります。
黙っていればそう知られることはありませんね。

不動産投資を始めた場合、収入が増えてしまうこともあります。
そうなると住民税があがります。

そうすると、経理担当者に気づかれることがあります。
気を付けないといけません。

これを防ぐためにも、住民税の納め方を特別徴収から
普通徴収に変更する必要があります。

そうすれば、住民税を自分で支払うことになります。
収入が急激に増えても会社に知られることはありません。

細心の注意を払い不動産投資に挑戦するのも
収入の柱を持つ意味でも大事でしょうね。


 

 

 

生活

 

日経平均株価(日経225)というのは、
日本経済新聞が選出した東京証券取引所市場第一部に上場する
225社の株価指数のことをいいます。

また、この日経225は、日経平均株価とも呼ばれていますね。
この日本経済新聞が選んだ225社は日本を代表する銘柄(企業)ですね。
どれも大企業ばかりです。

この中には、みなさんも名前を聞いたことがある企業がたくさん含まれています。
そして、この225の銘柄は、定期的に入れ替えが行われているのです。

では、日経平均株価(日経225)をどのように活用すればいいのでしょうか?
日経平均株価(日経225)というのは、日本の株式市場を表す数値なんですね。
これを上手く活用できれば株式投資で儲けられる可能性が高くなります。

ただ、短期間で眺めていてもあまり意味がありません。
1年~2年くらいの長い期間で数値を確認してください。

そうすることで、どこで売れば良いのか?どこで買えば良いのか?
が分かってきます。

一般的には、日経平均株価が大きく下落した時が
買うタイミングだといわれていますね。
大きく下落した場合、後は上がるしかありません。

それで、リスクが非常に少ないと考えられるのです。

 

 

生活

計量士という資格があります。計量士とは,
どのような資格なのでしょうか。

計量士の資格は「計量の基準を定め、適正な計量の実施を確保し、
もって経済の発展及び文化の向上に寄与する」
という計量法に基づいて設置されたようです。

この計量士の資格は、経済産業省の管轄になります。
分かりやすい説明は,難しいのですが、
計量士が一体どのような仕事なのか説明しますね。

計量士には、
①「環境計量士」②「一般計量士」があります。

①環境計量士

さらに,騒音・振動関係と濃度関係の二種類があります。
濃度関係の環境計量士は、工場から排出される
ガスや有害物質などを調査します。

大気中の空気がどれだけ汚染されているか、
土壌がどれだけ汚染されているかを計量・証明していきます。

○騒音・振動関係の環境計量士

工場の近隣や建設現場、自動車道路や線路の近く、
飛行機などの騒音や振動を計量・証明するのが仕事です。

②一般計量士

長さや体積、熱量などを計量・証明したりします。
また,計量器の点検や管理をします。
この三種類の計量士資格のうち、最も試験の難易度が高いものがあります。

それは,濃度関係の環境計量士ですね。
平成20年度の合格率は13.2%でした。
続いて騒音・振動関係の環境計量士の難易度が高いです。

平成20年度合格率は17.9%。
一番難易度の低い一般計量士でさえ、
平成20年度合格率は19.7%になります。

ですから,しっかりと受験対策を行わなければ合格は難しいことになります。
環境計量士は都道府県知事の登録を受けた計量証明事業所に、
一般計量士は適正計量管理事業所や分析会社などに
就職するのが一般的です。

資格